はじめての不動産売却 査定受託件数10,000件以上。全国の不動産会社数200社以上。
実績から得たノウハウで、失敗しない不動産売却のコツをお教えします。

  トップページ > 仲介での注意点

仲介での注意点

 
仲介で不動産売却を行う場合の注意点をまとめました。実際に多数の不動産売却に携わった経験から知り得た注意点ですので、知っていると必ず役立つ時が来ると思います。

複数社を比較して不動産屋さんを探しましょう。
査定価格は、不動産屋さんによって異なってきます。この為、1社だけの査定価格では、適正価格であるかどうかの判断が出来ません。また、査定を行ってもらう事で、不動産屋さんの仕事ぶりも知る事が出来ますので、その際の対応なども、不動産屋さん選びの参考にする事が出来ます。


査定依頼は、地域の不動産屋さんにも依頼しましょう。
査定依頼は、物件に近い地元の不動産屋さんにも依頼することをお勧めします。
地元の不動産屋さんは、独自の情報網を持っていますので、「近くでいくらで売れた物件がある」「この辺はスーパーが出来るから人気が出る」等、様々な情報を把握しています。そして、これらの情報が、価格にプラスになるケースが数多くあります。


高すぎる査定金額は、要注意。
複数社に査定依頼をした場合、恐らく1番高い会社を選んでしまうと思いますが、これは誤った判断です。査定価格は、買取価格ではなく、あくまでも「このくらいの金額であれば売れるだろう」、という不動産屋さんの予想金額です。よって、販売活動を行っていく中で、価格が下がっていく可能性もあります。逆に、低く見積もっている不動産会社は、より現実的な価格を提示している場合もあります。買取価格であれば判断しやすいのですが、仲介価格の場合は媒介契約を締結したい為に市場価格とかけ離れた高い金額を提示される場合もありますので、注意しましょう


媒介契約は慎重に。
仲介の場合は、不動産会社と売却を委託する媒介契約を締結しますが、媒介契約には、一般・専任・専属専任と3種類ありますので、よく理解して契約を行って下さい。詳しくは、仲介とは?をご覧下さい。


内覧の印象は、購入の可否を大きく左右します。
購入を検討する方は、建物の内覧を希望します。
内覧によって、購入の可否を判断する事が多くありますので、内覧準備も大切になります。

空気の入れ替え
どこのお宅にも生活臭はありますが、少ないに越した事はありません。

掃除
荷物が散乱したり、床がホコリだらけだと印象的にはよくありませんので、出来る限り掃除をしましょう。
購入検討者も次に住む家として考えているのですから、きちんとせいそうされている事を希望すると思います。
ただし、築が古い事は仕方ありませんので、きにしなくてもいいでしょう。
特にキッチン・浴室・トイレ等の水周りは重要な箇所となります。

説明
建物の事や近隣の事等の説明が必要な場合がありますので、必要な事は説明を行う事がよいでしょう。
例えば、残置物の説明、設備の一部が故障している場合や、近隣に新しく施設が建設される等の購入希望者が知り得ない事などですが、
必要以上に説明が長くならないように気をつけましょう。


自分で準備できるものは準備しておこう。
売却の際には、不動産会社に査定を依頼する事から始まりますが、事前に準備をしておくとスムーズに査定が行われます。
まずは可能な範囲で土地・建物の権利・面積・状態が分かる資料を用意しましょう。


土地/一戸建 登記簿謄本・敷地測量図・公図・間取図・評価証明書・固定資産税納付書・修繕履歴書
マンション 登記簿謄本・間取図・管理費等の額・修繕履歴・評価証明書・固定資産税納付書・管理形態の分かる書類
 
※不動産会社でも調査は可能な場合もありますが、出来るだけ用意しておくとスムーズに進みます。


スケジュールは、余裕を持って調整しましょう。
契約日や引渡し日など、買手の方のスケジュールもありますので、なかなか調整がうまくいかない場合があります。また、契約日などは大安を選ばれる方が多く、平日に休みを取らないと、調整が不可能な場合も発生します。

せっかく買手が見つかっても、この様な理由で、白紙に戻される場合も少なくありません。
スケジュールは、なるべく早めに調整を行っておきましょう。


家の故障箇所などは、事前に調べておきましょう。

物件の引渡し完了後に、買手から購入前には分からなかった故障箇所などが見つかったとの連絡が入る場合があります。この場合、売主は、瑕疵担保責任を負う場合もありますので、ケースによっては、修理代金を請求される場合があります。


仲介について相談する


不動産売却の基礎知識

不動産売却方法は、「仲介」と「買取」の2種類

どちらの売却方法を選べばよいか?

仲介での不動産売却

仲介での不動産売却とは?

仲介での売却の流れ
仲介での注意点

仲介でかかる費用と税金

買取での不動産売却

買取での不動産売却とは?

買取での売却の流れ
買取での注意点

買取でかかる費用と税金

※当サイトは、不動産流通の活性化、及び、知識の不足による不動産売買でのトラブルの回避などを目的として、当社独自の見解・主観を交え制作されています。
不動産の買取・売却の無料査定は
こちらにて承っております
全国各地不動産物件の査定依頼・
ご相談は、お気軽にご利用下さい。

戸建・マンション・土地で買取をご希望の方はこちら。
早期確実に通常買取価格での売却が可能です。
不動産買取.com

戸建・マンション・土地を仲介での売却をご希望の方はこちら。
もしも売却に時間が掛かっても、1万円でも高く売れるかも知れない可能性を選択したい場合。
仲介について相談する

※共に物件によっては取扱いが出来ない場合があります。

 


「はじめての不動産売却」は、不動産流通のITパートナー
株式会社ネクストステージが運営しています。
会社概要  不動産会社様へ  利用規約  個人情報保護
無料相談窓口  サイトマップ
Copyright(c) 2007 Next Stage All Rights Reserved.