はじめての不動産売却 査定受託件数10,000件以上。全国の不動産会社数200社以上。
実績から得たノウハウで、失敗しない不動産売却のコツをお教えします。

  トップページ > 仲介での売却の流れ

仲介での売却の流れ

 
不動産を売却する第一歩は、不動産屋さん探しから始まります。そして、気になる売却価格は、探した不動産屋さんが査定をして、買手が見つかりそうな金額を提示してくれます。
現実は、「上手い話ばかり」ではありませんので、リスクのあるステップには、注意点も記載しています。

1.不動産屋さん探し
  電話帳やインターネット、町を歩くなどして不動産屋さんを探します。   お役立ちサービス  
2.査定依頼
  不動産屋さんを訪問または電話・インターネットなどにより、売却したい不動産の査定を依頼します。  
3.価格提示
  不動産屋さんが独自の調査や市場価格を参考に、売却予想価格を提示してくれます。
注意点
この提示価格は、あくまでも売出し価格で、実際に売却するときの価格になるとは限りません。
 
4.不動産屋さんとの契約
  価格以外にも、不明点などを質問し、納得が出来たら、仲介の委託契約をします。
仲介の委託契約について詳しくは、仲介とは?をご覧下さい。
 
5.広告期間
  契約の数日後に、広告等により買手探しが始まります。関心のある買手が現れると、あなたの不動産を見せる為に、お客さんを連れて来てくれます。
注意点
何人も見に来ているのに、なかなか決まらないケースも多々あります。
 
6.買受の申し込み
  物件を気に入ってくれた買手がいた場合は、買受の申し込みが入ります。
注意点
ようやく買手が見つかっても、値引き交渉や買手の有利な条件を強いられる事も珍しくなく、双方の引渡し日の食い違いや、支払い条件等で白紙に戻ることもあります。
 
7.価格交渉
  価格交渉は、直接交渉する事によるトラブルなどを避けるために、多くのケースが不動産屋さんを介して行われます。
つまり、不動産屋さんを信じて価格交渉を進める事になります。
 
8.売買の契約
  価格交渉が終われば、契約を結び、売買成立となります。
注意点
通常、買手の方は、ローンを組むケースが多く、その場合、買手のローンが不成立の際は、白紙解約となる特約をつける事が慣行となっています。「契約が終わり喜んでいたら解約になってしまった・・・」なんて事も珍しくありません。
 
9.残金決済
  売却価格の残金を受け取り、これで全ての売却が完了となります。通常残金決済と物件の引渡しは、同時となります。  

仲介について相談する



不動産売却の基礎知識

不動産売却方法は、「仲介」と「買取」の2種類

どちらの売却方法を選べばよいか?

仲介での不動産売却

仲介での不動産売却とは?

仲介での売却の流れ
仲介での注意点

仲介でかかる費用と税金

買取での不動産売却

買取での不動産売却とは?

買取での売却の流れ
買取での注意点

買取でかかる費用と税金

※当サイトは、不動産流通の活性化、及び、知識の不足による不動産売買でのトラブルの回避などを目的として、当社独自の見解・主観を交え制作されています。
不動産の買取・売却の無料査定は
こちらにて承っております
全国各地不動産物件の査定依頼・
ご相談は、お気軽にご利用下さい。

戸建・マンション・土地で買取をご希望の方はこちら。
早期確実に通常買取価格での売却が可能です。
不動産買取.com

戸建・マンション・土地を仲介での売却をご希望の方はこちら。
もしも売却に時間が掛かっても、1万円でも高く売れるかも知れない可能性を選択したい場合。
仲介について相談する

※共に物件によっては取扱いが出来ない場合があります。

 


「はじめての不動産売却」は、不動産流通のITパートナー
株式会社ネクストステージが運営しています。
会社概要  不動産会社様へ  利用規約  個人情報保護
無料相談窓口  サイトマップ
Copyright(c) 2007 Next Stage All Rights Reserved.