はじめての不動産売却 査定受託件数10,000件以上。全国の不動産会社数200社以上。
実績から得たノウハウで、失敗しない不動産売却のコツをお教えします。

  トップページ > 仲介での不動産売却とは?

仲介での不動産売却とは?

 
仲介による不動産売却は、一般的に多く採用されており、通常、不動産売却というと、仲介での売却方法をいいます。日常生活でも、折込チラシや電柱についている売出しの看板などで、どのように買主を探しているかを見かけることが出来ます。
仲介で依頼する場合は、不動産屋さんとの契約形態を決める必要があります。契約形態は3種類あり、契約形態により、制約事項などが存在します。
仲介の契約形態
一般媒介契約
複数社への依頼 ・・・ ○
購入者を自分で探す ・・・ ○
レインズへの登録 ・・・ 任意 ※1
複数の不動産会社に、依頼出来ます。 また、自分で購入者を探して来る事も可能です。
専任媒介契約
複数社への依頼 ・・・ ×
購入者を自分で探す ・・・ ○
レインズへの登録 ・・・ 義務
1社の不動産会社にしか、依頼が出来ません。ですが、自分で購入者を探してくることは可能です。
専属専任媒介契約
複数社への依頼 ・・・ ×
購入者を自分で探す ・・・ ×
レインズへの登録 ・・・ 義務
1社の不動産会社にしか、依頼が出来ません。また、自分で購入者を探して来る事も出来ません。

※1・・・レインズとは、不動産屋さん専用の物件データベースです。(国土交通省の定める指定流通機構のオンラインで、登録後、加盟の不動産会社に情報公開されます)


契約形態を決めるには、自分の考えばかりでなく、不動産屋さんのやる気も十分考慮する必要があります。不動産屋さんの頑張り次第で、予想以上に早く・高く売却できる場合もあります。

不動産屋さんのやる気
一般媒介契約 やや
低い
自社以外にも依頼されている会社がある為、競争心が出てくるかと考えがちですが、不動産屋さんの心理は、実はその逆になります。
他の会社にも依頼しているのなら、「自社だけに依頼しているお客さんを優先しよう」「お金をかけて広告出した後、他社に取られたら損が出てしまう」などを考えてしまい、あまり積極的な活動に出てくれない可能性があります。

※公開間口が広くなる分、良い結果に繋がる場合も多々あります。
専任媒介契約 高い 自社に完全に任せられているので、一般媒介契約と比べると、とてもやる気が出ます。折込チラシなどの費用のかかる広告活動も積極的に行い、自社だけに依頼してくれたお客さんの為にも、必死になって購入者を探してくれます。

※1社のみなので、依頼した会社、担当者によって結果を左右されるリスクがあります。
専属専任媒介契約 非常に
高い
自社に完全に任せられているので、他の契約と比べても、俄然、やる気が出ます。ただし、対応の悪い不動産屋さんとこの契約を結んだ場合、誰も買主を探すことが出来なくなり、逆に、身動きが取れなくなってしまいますので、契約時には、不動産屋さんの見極めが重要になります。

※自分で見つけた購入希望者とも契約が出来ず、途中から他社に買取依頼をするのも不可となります。

仲介について相談する


不動産売却の基礎知識

不動産売却方法は、「仲介」と「買取」の2種類

どちらの売却方法を選べばよいか?

仲介での不動産売却

仲介での不動産売却とは?

仲介での売却の流れ
仲介での注意点

仲介でかかる費用と税金

買取での不動産売却

買取での不動産売却とは?

買取での売却の流れ
買取での注意点

買取でかかる費用と税金

※当サイトは、不動産流通の活性化、及び、知識の不足による不動産売買でのトラブルの回避などを目的として、当社独自の見解・主観を交え制作されています。
不動産の買取・売却の無料査定は
こちらにて承っております
全国各地不動産物件の査定依頼・
ご相談は、お気軽にご利用下さい。

戸建・マンション・土地で買取をご希望の方はこちら。
早期確実に通常買取価格での売却が可能です。
不動産買取.com

戸建・マンション・土地を仲介での売却をご希望の方はこちら。
もしも売却に時間が掛かっても、1万円でも高く売れるかも知れない可能性を選択したい場合。
仲介について相談する

※共に物件によっては取扱いが出来ない場合があります。

 


「はじめての不動産売却」は、不動産流通のITパートナー
株式会社ネクストステージが運営しています。
会社概要  不動産会社様へ  利用規約  個人情報保護
無料相談窓口  サイトマップ
Copyright(c) 2007 Next Stage All Rights Reserved.