はじめての不動産売却 査定受託件数10,000件以上。全国の不動産会社数200社以上。
実績から得たノウハウで、失敗しない不動産売却のコツをお教えします。

  トップページ > 不動産売却方法は、「仲介」と「買取」の2種類

不動産売却方法は、「仲介」と「買取」の2種類

 
不動産を売却する方法には、「仲介」と「買取」の2種類があります。どちらの方法も、不動産屋さんが対応してくれるという点は変わらないのですが、売却方法は全く異なっています。

仲介 買取
不動産屋さんが購入者を探す。

不動産屋さんに所有不動産の売却を依頼し、不動産屋さんが広告や不動産流通ネットワークを利用して購入者を探します。成約時には国土交通省の規定内の仲介手数料が発生します。
不動産屋さんが購入者になる。

不動産屋さんが直接、不動産の買取を行います。購入者を探す手間が省ける分、早期に売却が可能となります。直接売買なので仲介手数料は発生しません。
購入者 購入希望者を探す
広告宣伝 必要
仲介手数料 必要
売却時期 購入者が見つかり次第
(目処:3ヶ月〜6ヶ月程度)
※購入者が見つからない場合もあります。
購入者 不動産屋さん
広告宣伝 不要
仲介手数料 不要
売却時期 即時可能
(目処:2週間〜1ヶ月程度)

以上の比較を見てみると、「仲介」よりも「買取」の方がメリットが大きいように思えます。
しかし、1点大事な点が含まれていない事に、お気づきでしょうか。

そうです、いったい「いくら」で購入してくれるかが、この2つの方法では大きく異なってきます。

結論から言いますと、「仲介」より「買取」の方が、買取価格は低くなる事が多くあります。

これは、不動産屋さんが「どのように利益を得ているのか?」という点を考えると、納得できると思います。

「仲介」の場合は、仲介手数料が必要となっていますので、不動産屋さんはこれを利益にする事ができます。しかし、「買取」では、仲介手数料がありませんので、不動産屋さんは利益を得ていない状態となります。

では、どのように利益を得るのかと言うと、不動産屋さんは購入した不動産を、自らお金を出してリフォームしたり、建替え等によりバリューアップします。そして、再度販売を行い、売却した金額から、掛かった費用(不動産の購入費用、リフォーム費用など)を差し引いた金額を利益とします。仲介と比較すると、一般個人では難しい事を行った分、利益が得られる事になります。
(賃貸中の不動産等の場合は、収益物件として家賃収入を目的に購入する事もあります)

ただし、買主が見つからない場合や、掛かった費用より低い金額で交渉されるなどのケースも考えられる為、不動産屋さんは大きなリスクを抱える事にもなります。

この為、不動産屋さんが買取る場合は、どうしても買取金額をやや低めに設定する必要が出てきます。


不動産売却の基礎知識

不動産売却方法は、「仲介」と「買取」の2種類

どちらの売却方法を選べばよいか?

仲介での不動産売却

仲介での不動産売却とは?

仲介での売却の流れ
仲介での注意点

仲介でかかる費用と税金

買取での不動産売却

買取での不動産売却とは?

買取での売却の流れ
買取での注意点

買取でかかる費用と税金

※当サイトは、不動産流通の活性化、及び、知識の不足による不動産売買でのトラブルの回避などを目的として、当社独自の見解・主観を交え制作されています。
不動産の買取・売却の無料査定は
こちらにて承っております
全国各地不動産物件の査定依頼・
ご相談は、お気軽にご利用下さい。

戸建・マンション・土地で買取をご希望の方はこちら。
早期確実に通常買取価格での売却が可能です。
不動産買取.com

戸建・マンション・土地を仲介での売却をご希望の方はこちら。
もしも売却に時間が掛かっても、1万円でも高く売れるかも知れない可能性を選択したい場合。
仲介について相談する

※共に物件によっては取扱いが出来ない場合があります。

 


「はじめての不動産売却」は、不動産流通のITパートナー
株式会社ネクストステージが運営しています。
会社概要  不動産会社様へ  利用規約  個人情報保護
無料相談窓口  サイトマップ
Copyright(c) 2007 Next Stage All Rights Reserved.